カロリーコントロール

「食べても太らない体になりたい」これは、多くの人に共通の願いでしょう。
ですが、現実は、消費カロリーを上回るカロリーは、脂肪となって体に蓄積されてしまいます。そのため、ダイエットするなら、食べたいものを我慢して摂取カロリーを抑えるのが普通です。

ところが病院には、食べた物の脂肪をなかったことにできる、夢のような薬があります。それは「ゼニカル」という薬です。
ゼニカルは、食べたものに含まれる脂質や脂肪分の30%を、体に吸収される前に体外に排出する働きを持っています。つまり、脂っこいものを食べても、大幅にカロリーダウンすることができるのです。
ゼニカルは、ダイエット大国として知られるアメリカで開発された医薬品です。アメリカ人は日本人に比べて肉中心の食生活をする傾向があるため、脂肪の摂取量も多くなりがちです。そのため、肥満の割合も高く、社会問題にもなっています。
そのため、カロリーダウンしてダイエットをサポートできるゼニカルは、絶大な人気を集めています。FDA(アメリカ食品医薬局)でも認可されているので、安全性は高いといえるでしょう。

ゼニカルは、日本の病院のダイエット外来や美容外科でも使われています。個人的に手に入れるのは難しい薬ですが、病院を受診すれば、処方してもらうことができるのです。
本来は重度の肥満症の人に処方される薬ですが、美容外科なら、医師と相談しながら必要に応じて使うことができます。
使い方は簡単で、脂肪分が気になる食事をしているとき、あるいは食後30分以内に、1錠飲むだけでOKです。すると、摂取した脂肪の30%は吸収されずに、便と一緒に排出されます。
なお、美容外科の一例では、ゼニカルは1錠90円程度で提供されています。できるだけ安く、できるだけ簡単に痩せたい人には、オススメのダイエット薬だといえるでしょう。